S__12435459.jpg
◆最新イベント情報◆
2017/7/24 11:00 LaJoya ReBorn!
いつもご覧いただきありがとうございます☆★LaJoyaはReBorn致しました!
*NEW!イベント&WS情報*
Lajoya Rainbow shop LaJoyaオリジナルオラクルカード 【LaJoyaOracionCard】 販売中です!
2018年!おみくじOracion Card〔数秘バージョン〕販売中です!
Twitter:@LaJoya_oracion 毎週月曜日に【今週のOracionCard】メッセージ紹介中!

2018年11月28日

25日イベント&26日ママ子会☆ありがとうございました☆KuMiKo

こんにちは、KuMiKoです。
ラホブロを御覧くださいましてありがとうございます!

先日25日は相模大野“Bono!フェスタ「ココ∞Smile!」”に出店、
26日はHiwahiwa Project“ママとこどもの♪イロ・オト・カオリを楽しもう♪”
参加させていただきました☆
ご来場ご参加様方ありがとうございました!

「ココ∞Smile!」では大人〜お子様と
カラーリアムオラシオンカードでのリーディングやお話をさせていただき、
Hiwahiwa Projectではカラーリアムにて
お子様と色を通して、お母様共にお話をさせていただきました。


大人になった私たちの中にも
子どもの頃からの心は健在し

お子様たちは
彼・彼女らなりの広がりをもった世界を
それぞれの目線・観点から感じみています。

様々な経験や出来事との情況を多く体験し
子どもと呼ばれる存在から
より多くの表現方法をもつ頃になると
喜怒哀楽の中での
喜び側と不安側との行き来も
より訪れる傾向にあり
様々な感情や思考が綱引きをしたりしていると
悩みとなって現れたりします。

それぞれの本質は
何を大切にして進んでいきたいか

だけど・・・ でも・・・ を
いったん脇においていただき
本当はの部分
自身の心を整理し
見てみることで

本来のその方らしく光る才能を使って
進む先へと認識を広げていけます。

オラシオンカードでは
そこに展開された今あるテーマや流れを見ることで
気付きを得、やっぱりそうだよね
といった確認や
行動・選択枠への勇気を引き出したり
自分の中での問いに応えて
ヒントへと繋げていけます。

色では内側の声を
この色が気になる時と
置き場所の空間からの象徴認識を通して
潜在意識や顕在意識のもっている声を
色彩心理に置き換え見ていき
自己対話から歩む行動へのきっかけやケアへと繋げます。


気付くことで
内的変化を起こし
被さっていた
だけど・・・
でも・・・ の心配部分を除くと
どのようにしてみたいか
という内心の声がでてきてくれます。

その上で、
何故
だけど・・・でも・・・なのか

力ある自分の本質は
だけど・・・でも・・・ と
何かを引っ込めている自分に
思いやりをもって接することで
弱く見えているのかもしれない
あなたの柔らかく繊細な部分に
手を取り合い進めます

思い込みから生じる不要な壁は
自分が安心できる適度な枠という自由なカーテンに変えて
鎧を外し、より軽やかに
自分に負担とならない装いで
自分の道を進んでいく力へと変換させていく

知ることで 本来行いたい行動へと
変化させていくことができ
自分自身の様々な側面をもって
希望の歩みへと行動の一歩一歩を
経験させてあげることができます。


私も様々な自分の経験を体験しながら
綱引きや強固な枠に気付いた時は
強く出すぎて扱いづらくなっている自分には
何を感じているの?など自己対話に緩やかに思いやりを向け
よりそったり 一緒に悩んだり
せかさず見守ったりします(^^)

また、これからも
皆様それぞれの内なる世界と
ツールを通して
お話をさせていただけましたら幸いです。


今日は長くなっているので、
子どもたちの色と世界からみたお話を
12月2回目のKuMiKoラホブロ記事にて
綴らせていただきたいと思います♪


最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!
◇◆◇KuMiKo◇◆◇
●LaJoyaツイッター:毎週『今週のoracion card』を展開しています。
https://twitter.com/LaJoya_oracion
●LaJoyaフェイスブックページ:いいね押していただけると嬉しいです。
https://www.facebook.com/La8Joya
●KuMiKoインスタ。
https://www.instagram.com/kumiko.yy/ 
posted by LaJoya at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | KuMiKoメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185085360

この記事へのトラックバック