S__12435459.jpg
◆最新イベント情報◆
新作ルーン文字入りネックレス掲載中★
LaJoya各種問い合わせ&お申し込みはこちら
【LaJoyaお問合せフォーム】
Lajoya Rainbow shop LaJoyaオリジナルオラクルカード 【LaJoyaOracionCard】 販売中です!
Twitter:@LaJoya_oracion 毎週月曜日に【今週のOracionCard】メッセージ紹介中!

2012年12月25日

『kumikoのヒトリゴト〜オリーブグリーン』

こんにちは、
カラーケア〜クリスタル,瞑想等担当しておりますKumikoです☆

Merry Christmas♪

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・: .

2012年最後の瞑想会はイエロー・・個人の意識で幕を引き、

2013年最初の瞑想会は
オリーブグリーン・・平和と全体性の調和で・・のはじまりです★

素晴しきシンクロニシティと共に在りますように。。


**************

――オリーブグリーンへの見解,2013.1――

オリーブグリーンは、

絵の具のイエローとグリーンを
1対1で混ぜ合わせると姿を現す
深みを持った緑色…深緑です。


それは

‥イエロー
[自分・自己・個人・意識..etc]と

…グリーン
[ハート・スペース・ゆとり・広い視野・ハートのバランス..etc]
の間にある
自分自身の真の意識からハートに繋がる橋。



オリーブグリーンのイメージは――

オリーブの実や抹茶、

森の奥深く
草木が生い茂る緑の香り…



そして
オリーブグリーンの精霊が伝える音には――
平和や

自分自身から続くハートへの道、

フェミニンリーダーシップ
女性的側面...etc.などがあります。



皆様のハートにやってくる
オリーブグリーンのイメージは
どのような感じでしょうか?


――平和の遣いといわれる
白い鳩が
口先にくわえている
あの葉はオリーブの葉。

また、オリーブの実はそのままではとても硬く、
渋みがあり
そのままでは食べれませんが

それはさまざまな工程を得て、
栄養価が高く美しく輝くオリーブオイルや

食せるオリーブの実へと。



茶の葉は
そのままでも食べれるけれど
時期に摘まれ、
揉まれ・・深く香る茶葉や抹茶へと。。


それらの過程は
そのものあってはもちろん

ひとつひとつの
過程・工程には
ほかの者の手助けや

関わり合い

何となくではなく
愛を持って
作業ある
美しさも見受けられることでしょう。

…ハートへ繋ぐ道【オリーブグリーン】を、
私たち自身へと喩えてみると――


あるところまで育ち(歩み・進み)

実(経験や豊かさの種)を収穫(得)すれば

そこには
時に苦い想いや
思い出

そんな感情や
険しい山を登るような行程を
必要とすることもあるかもしれないけれど

そこを通過するからこその景色や季節の色

深い味わいから上質の豊かさ(心)
そして美しいもの(真実)へと・・・


それらは
自分自身がいる場所を

進んでる道を信頼する

出来事となる。


そして――

もう不必要な苦味を解放して
真の活きる一歩一歩を促してくれるのも
オリーブグリーンの働きかけのひとつですVv



オリーブグリーンはそのような

人生旅のさまざまな
時という出来事のなかに

あなたにとって

また、自身の存在と在る全体にとっても、
最善の方向をハートに感じ選び進めるよう
サポートしてくれることでしょう。


★瞑想会で取り入れている
色の香りのエッセンス ・・
今回オリーブグリーンエッセンスのエネルギーは――

最善の選択だったり、
ハートに時折宿るかもしれない心配や不安の解消、

自分の意志・意識からやってくる心への道程に
真実と
平和な流れをもたらしてくれるような

穏やかだけれども力強い・・・そんなエッセンスです。



◆1月の銀座コナスペースでの瞑想会は、
1月15日(火)20時〜21時45分
オリーブグリーンと
その対応チャクラ第3.5チャクラのお話&メディテーションです('-^*)。



***************

今年も
新しい幕開けへのまとめと準備なる
年末となりました

一年間
一日



一瞬一瞬に

感謝と祝福を込めて――

ありがとうございます。


身体と心、

共に育む愛は
与える愛と受け取る愛、

自分自身に向かう光
世界に放つ光、

それぞれが豊かに
最良の日々で在りますように。。

***kumiko***
posted by LaJoya at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | KuMiKoメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61013849

この記事へのトラックバック